BLOG ペーパードライバー克服記

車選びの判断基準【ペーパードライバー 克服記②車の選び方】

ペーパードライバー 克服記

脱ペーパードライバー を決心したところで、

ウチには車がない。

どんな車がいいのか考えてみました。

このシリーズ記事では、2015年に一念発起してペーパードライバー を克服した記録を綴っていきます。昔、livedoor blogに掲載したものを再編集したものです。

人生は選択の連続である。

よく耳にする名言ですが、本当にその通りです。

果たして我が家の車選びは何が正解なのか?

我が家の車を選ぶ基準は?

反対するか、まぁいいんじゃない位と
きっと運転するのは私だけなんだろう。
と思ってたら、段々乗ってきた旦那さん。

カーといえばGOOを買ってきた。中古車専門誌のアレです。
この雑誌を手にするのは初めて!

何もわからないままに、相場なんかを見てみる。
うーん、、、見慣れないせいか、分からな過ぎて読めない私。
今まで車に関心がなさすぎてさ、
ワンボックス、ツーボックス、セダン、ワゴン どう違うのかさえ分からず状態。

選べない。。。
何がいいのか???

取り敢えず、運転しやすいという評判からノート、ヴィッツ、フィット辺りを調べてみる。いいねいいね、うーん軽とかも税金安いっていうしいいんじゃないかね?
小回りも効くんだよね?

何もわからないとこからのスタートで右往左往

そんな時、
車を持つお隣さんにどんな車が良いのか聞く。

すると同じ子供を持つ身として「安全第一」だとおっしゃる。
「いやー、子供生まれてからちょっと意識変わったよ。」

ということで、普通車でもって丈夫な外車にしたとのこと。

へぇそーか、そうだよなぁ。

その一言で目が覚めたように車種選びの基準を

「ガンガンいこうぜ!」から「命大事に」にシフトチェンジした夫と私。

そんなある日、ボクがネーネェに突き飛ばされてテーブルに強打。
3針縫う怪我をした。
その傷を見て、やはり「命大事に」「安全第一」と改めて選択基準を決定。

車を選ぶ基準は乗れたらいい。→なるべく安全な車。

となりました。

信頼できる人の意見を参考にするのはとても大事ですね。

こうして、大好きな「安全な車」の選択にたどり着けた我が家です。

 

車が運転できると良いこと

車が運転できるとどう良いのか?

意識すると、それまで考えてもいなかった利便性にジワジワ気づきはじめます。

伊勢に嫁いだ友人が、東京に帰ってきて
我が家にも久しぶりに遊びに来てくれた。

聞けば、彼女もペーパードライバーを克服するために
ペーパードライバー講習に通っているんだって。

仲間みーつけた

今暮らしているところは、
車ないと買い物も困難という。
スーパー行くのにも旦那さんに車出してもらわなきゃならない。

車が運転できると良いところを話し合った。

・お買い物の荷物が乗る。

(自転車だと3日分の食材もやっと載せられる程度)

ちょっとした家具なんかも買い物して持ってこれる。

(配送してもらえるのでカラーボックス一つも通販で購入。納戸は段ボールの山)

・好きな音楽も聴ける。

・暑くない、寒くない、雨に濡れない。

・自分の空間が持てる!

・子どもがいて、寝られてもへいちゃら。

(電車で出かけたレージャー、寝られちゃもー抱っこしか手段がないって絶望感)

いいねぇ!いいねぇ!
今までになかった世界だよー
もーこれは絶対にペーパーしてる場合じゃないでしょっ。

マーカー線したところ以外は車なら叶う項目です。

我が家の欲しい車は

安全性が高い

荷室が広め

という判断基準にまとまってきました。

 

-BLOG, ペーパードライバー克服記,

© 2021 サンナナライツ